スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

G20日本開催で暗号資産国際規制が合意予定

G20日本開催で暗号資産国際規制が合意予定される見通し

 

6月に開催されるG20会議で暗号資産の国際的な新規制案が合意される可能性

これまでもG20で毎回、暗号資産の規制案が過去にも議論が行われてきたが、具体的な解決には至らず継続して議論が行われてきた。

2020年にはオリンピックが東京で開催されるに辺り、色々な国からの外国人観光客が訪れます!
特に日本はキャッシュレス化が欧米よりもかなり遅れていると言われているので、今回の実証実験は楽しみです。
仮想通貨を保有している外国人は日本円に両替することなく決済が可能になるので、外国人からするとメリットは大きいかもしれません。

 

今回合意される見通しの新規制案では、暗号資産でのマネーロンダリングやテロ資金供与を阻止するための「取引時に本人確認」を厳格徹底し、国際的に足並みを揃え資産の流れを透明化することが目的とされる。

 

日本では仮想通貨取引所は、金融庁に取り扱う仮想通貨を届け出なければなりません。
ICOで発行するトークンが資金決済法上の仮想通貨に該当する場合、
販売する朝日豊貴事業者は仮想通貨交換業の登録が必要になります。

これまでの暗号資産は匿名性が高く、過去には北朝鮮がサイバー攻撃で不正に取得し、外貨を獲得したとされている疑いが出ている。

また昨年話題となったコインチェックのサイバー攻撃で不正にネムなどを得て外貨獲得したことも、国連安全保障理事会の報告書で明らかにされている。

スポンサーサイト