ビットコイン需要が急増アメリカ国内のベネズエラ資産凍結

アメリカのトランプ政権はべネズエラのマドゥ政権が市民に対して法に基づかない身柄拘束や人権侵害を行っているとし、アメリカ国内にあるべネズエラ政府の資産を凍結する大統領令に署名を行ったとされる。

 

 

べネズエラ政府や政府要人の資産は凍結されアメリカ企業との取引も禁止されるとのこと。

またべネズエラはイラン・北朝鮮・キューバと同じ扱い国とも言われている。

 

そのため、べネズエラでのビットコイン取引量が過去最高記録を更新した。

インフレ率100%とも言われるスーパーインフレが進んでいる。

 

べネズエラ政府が発行する原油によって裏付けられた暗号資産ペトロ購入を禁止する処置がきっかけとなり、べネズエラのビットコイン取引量は益々加速的に増えた。

 

 

現時点では事態収拾の目途は見えておらず、アメリカを巻き込んだ混乱により、べネズエラのビットコイン需要はさらに高まる可能性があるのではないか。

 

大手LINEが国内で暗号資産取引開始か

G20日本開催で暗号資産国際規制が合意予定

G20日本開催で暗号資産国際規制が合意予定される見通し

 

6月に開催されるG20会議で暗号資産の国際的な新規制案が合意される可能性

これまでもG20で毎回、暗号資産の規制案が過去にも議論が行われてきたが、具体的な解決には至らず継続して議論が行われてきた。

2020年にはオリンピックが東京で開催されるに辺り、色々な国からの外国人観光客が訪れます!
特に日本はキャッシュレス化が欧米よりもかなり遅れていると言われているので、今回の実証実験は楽しみです。
仮想通貨を保有している外国人は日本円に両替することなく決済が可能になるので、外国人からするとメリットは大きいかもしれません。

 

今回合意される見通しの新規制案では、暗号資産でのマネーロンダリングやテロ資金供与を阻止するための「取引時に本人確認」を厳格徹底し、国際的に足並みを揃え資産の流れを透明化することが目的とされる。

 

日本では仮想通貨取引所は、金融庁に取り扱う仮想通貨を届け出なければなりません。
ICOで発行するトークンが資金決済法上の仮想通貨に該当する場合、
販売する朝日豊貴事業者は仮想通貨交換業の登録が必要になります。

これまでの暗号資産は匿名性が高く、過去には北朝鮮がサイバー攻撃で不正に取得し、外貨を獲得したとされている疑いが出ている。

また昨年話題となったコインチェックのサイバー攻撃で不正にネムなどを得て外貨獲得したことも、国連安全保障理事会の報告書で明らかにされている。

年初来の最安値更新!ビットコイン

遂にビットコインが今年の最安値を更新しちゃいました!

 

原因は様々あると思いますが、NYダウの平均株価・ナスダック株が急落したことや

ビットコインキャッシュのハードフォークによってなどが挙げられております。

 

果たして真相は分かりません。

 

仮想・暗号通貨/投資資産運用についてのブログ
朝日豊貴の仮想・暗号通貨Muragonブログ!

北は札幌から仙台・東京・大阪・名古屋・南は福岡の全国へ広まって行くのでしょうか。
 

おそらく短期での暴落だと思いますが、価格帯が上がる前には一度下がることが多いので、

プラスに考えるのならその前触れかもしれませんね。

 

 

投資家達は株式と暗号通貨の両方に投資している人も多いので、リスク回避から資金を一時的に抜いたことも原因かもしれません。

 

どちらにしても今後、長い目で考えるとキャッシュレス化が加速して行く中で、

暗号通貨も徐々に浸透して、様々なライフスタイルの中で使われて行くと思っております。

 

デジタル通貨の未来予測!更にキャッシュレス化が進む未来
キャッシュレス化が遅れている日本にもデジタル通貨が浸透されて、

北は北海道札幌から南は九州沖縄まで幅広く支持されていくのか注目

 

キャッシュレス化が進む時代に仮想通貨市場の未来とは!?
キャッシュレス化が進む日本!
AIの発達による想像もできない程の素敵な未来が訪れるでしょう。
仮想通貨市場は一体どうなるのでしょうか。